Loading...
ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフック。
レコードショップを営む元バンドマンの父と、将来の夢のためにLAの医大を目指す娘。
ふたりで作った曲を音楽ストリーミングサービスにアップしたことから、父の夢は膨らむが…やがて二人に訪れる、新たな一歩のための人生の決断。

フランク・フィッシャー(ニック・オファーマン)はブルックリンのレッドフックでレコードショップを17年に渡り営んでいた。かつてはミュージシャンだったフランクの人生は、妻の事故死により自分と娘だけ残されたことで一変する。フランクはシングルファーザーとして娘サム(カーシー・クレモンズ)を育て、成長したサムはLAの医大へ通う事が決まっていた。
娘の進学後の生計を立てるにはレコードショップは赤字続きだし、フランクはお店の貸主で友人のレスリー(トニ・コレット)に夏の終わりにお店を閉めることを告げる。古くからの友人デイヴ(テッド・ダンソン)が経営するバーに行ったり、年老いて痴呆症の母親マリアンヌ(ブライス・ダナー)の面倒を見たり、彼の人生の未来には心が踊るものがあるわけでもなかった。
ある夜、勉強中のサムの邪魔をして一緒にセッションするよう無理やり誘う。サムは書きかけていた歌詞を引っ張り出し、二人は夜通し曲をレコーディングする。翌日サムはフランクに「私たちはバンドじゃないわよ」(“We’re not a band!”)と告げ、昨晩の共同作業により喜び興奮しているフランクを鎮めようとするが、フランクは娘の才能に感心し、一緒に作った曲を衝動的にSpotifyにアップロードしていたのだった。“We’re Not a Band.”というバンド名で。

フランクもサムも驚いたことに、その曲はSpotifyで人気の曲を集めた”New Indie Mix”にリストインされ、たくさんの人の耳に届くことになる。フランクにとっては急に未来の扉が開かれた気分になり、サムとライブやレコーディングをする将来を描き始めてしまう。サムを説得できればの話だが。 しかし、サムには彼女の人生があった。出会ったばかりの恋人ローズ(サッシャ・レイン)との関係や、進学予定の医学部など、向き合わなければならない人生の課題は山積みだ。音楽で人生の冒険を始めるなんて不可能なことに思えた。夏は終わりに近づき、大学ももうすぐ始まる中、フランクもサムも人生の決断を迫られる。二人が新たな人生に一歩踏み出すために。
共同脚本家のマーク・バッシュに始めて会った時、彼は僕に「どんな映画を作りたいんだい?」と尋ねてきた。躊躇なく答えたよ、「ミュージカルだ」って。『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』はミュージカルではないけれど、ある意味ミュージカルで、それは僕がずっと作りたかったものなんだ。映画で語られる人生に深く根付いた音楽がその映画の中心にある、そういった映画だ。キャラクターが曲を書き、リハーサルし、レコーディングし、パフォーマンスする、音楽のビートを通してストーリーが語られるんだ。音楽はキャラクターが互いにコミュニケーションする様を表している。この映画ではキャラクターが自分たちの心を伝えるために使う言葉が音楽なんだ。
音楽が重要な映画の明らかに難しいポイントは、映画を牽引するオリジナルソングが必要になること。ただオリジナルなら良いわけじゃない。名曲が必要なんだ。曲が素晴らしくないと、映画が成り立たなくなってしまう。キーガン・デウィットは僕の前2作で音楽とオリジナルソングを作曲してくれていた。彼は、Wild Cubというバンドのメンバーでありながら、一人の成功したアーティストでもあった。彼は、僕らが体験したい感情の旅路を把握して深く理解し、そして曲を作り出す。タイトルトラック含め彼が書いた4曲はこの映画の源だ。これらの曲は、映画の曲であろうとなかろうと名曲だ。この曲たちが無ければ、映画は完成していなかった。
不安の要素が渦巻く現代だからこそ、僕にとっては観る人全てが気持ち良い思いに浸れる映画を作ることが重要だった。そして、この世界に潜む優しさや特別ではない誰もが身近に感じる普通の幸せな生活を思い起こさせるような映画だ。『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』は愛情、人や環境を受け入れること、創造の力についての映画だ。僕は、人が観てほっこり笑顔になり、素直になれる、そういう映画を作りたいと思っている。そして“本物の音楽”と同じように、観客が映画を深く感じられ共感し、勇気を与えられるような映画をね。
ブレット・ヘイリー(脚本家/監督)

  • 俳優、作家として活躍。NBCの人気シットコム『Parks and Recreation』のRon Swanson役で2011年に 米テレビ批評家協会主催のTAC賞でコメディ俳優賞を受賞。2015年にはFXシリーズ『FARGO/ファーゴ』の2シーズンでキルスティン・ダンストと共演し、クリティックチョイス・アワードにノミネートされている。 2016年にはアニメ映画『SING/シング』と『アイス・エイジ5 止めろ!惑星大衝突』に声の出演。2017年にはブレット・ヘイリー監督作『ザ・ヒーロー』に出演。またSXSWでプレミア上映されたボブ・バイイントン監督の『INFINITY BABY』では、妻で女優のメーガン・ムラーリーと共演した。2018年のサンダンス映画祭出品作『ホワイト・ファング〜アラスカの白い牙〜』にも声の出演をしている。ほかの出演作には『キング・オブ・サマー』、『21ジャンプストリート』、『俺たちサボテン・アミーゴ』、『ヤギと男と男と壁と』、『シン・シティ』、『デンジャラス・ビューティー2』などがある。余暇は家具やカヌー、ウクレレまで揃う木工クラフトを扱うロサンゼルスのお店で過ごし、彼のウッドショップについての本『Good Clean Fun』も出版されベストセラーとなっている。
  • 女優・ミュージシャン。ロサンゼルスにある有名な即興劇団での経験が彼女のコメディ要素の才能のベースになっている。2017年にはVarietyによる注目すべき俳優に選ばれた。サンダンス映画祭で高い評価を受けた『DOPE/ドープ!!』はカンヌ映画祭やドーヴィル映画祭を含め複数の映画祭でノミネートされ、その作品への出演後、若手女優が配役される重要な役を多くの映画で手にしてきた。エズラ・ミラー主演のDC映画『フラッシュポイント(原題:Flashpoint)』ではヒロイン役に抜擢、J・D・ディラード監督作『SWEETHEART』では主演に決まった。そのほかの出演作にリメイク版『フラットライナーズ』、『さよなら、僕のマンハッタン』、『ネイバーズ2』などがある。ミュージシャンとしての才能にも恵まれ、ファレル・ウィルアムスと複数の曲でコラボ経験もあり、『DOPE/ドープ!!』や『トランスペアレント』などで歌声を聴くことができる。また、自然保護に意欲的な活動をしており、シエラクラブと協力してナショナルパークやビーチの保護・保全の促進に力を注いでいる。女性の活動団体にも参加し、女性が直面する問題の解決に向けた行動や教育の機会の改善など、女性の立場をよりよくするための活動を積極的に行っている。
  • アリゾナのフラッグスタッフ郊外で育ち、スタンフォード大学を卒業。テレビと映画、両方で活躍する最も熟練した俳優の一人だ。ゴールデングローブとエミー賞の受賞歴があり、最も記憶に残る演技はバーテンダー演じた『チアーズ』(数々の賞を受賞したシリーズ)だろう。この人気ドラマは最優秀コメディシリーズとして3回エミー賞を受賞。『グッド・プレイス』で2018年クリティックチョイス・アワードの最優秀男優賞を受賞している。『ダメージ』ではエミー賞とゴールデングローブ賞の最優秀ドラマシリーズにノミネートされた。映画では『スリーメン&ベビー』やその続編『スリーメン&リトルレディ』、スティーヴン・スピルバーグ監督『プライベート・ライアン』などに出演。プロデュースや役者以外に、American Oceans Campaign (AOC)を1987年に立ち上げるなど、環境活動家の一面も持つ。原油漏れや有毒廃棄物、下水汚濁、海水乱用、海外地帯の開発などが環境にもたらす悪影響についてアメリカ人に警鐘を鳴らすための活動している。
  • オーストリア出身、名門 オーストラリア国立演劇学院で学んだトニ・コレットは、役になりきるその演技力から観客に強い印象を植え付けてきた。『ミュリエルの結婚』ではその演技でゴールデングローブ賞にノミネート。テレビシリーズ『ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ』ではゴールデングローブ賞とエミー賞を受賞している。『シックス・センス』の演技でアカデミー賞にもノミネートされ、作品自体は最優秀作品賞を含む5部門を受賞した。他にもオスカーに絡んだ作品に数多く出演し、『リトル・ミス・サンシャイン』や彼女がゴールデングローブとBAFTA賞にノミネートされた『Ms. Collette』は、放送映画批評家協会賞でアンサンブルキャスト賞と 全米映画俳優組合賞で優秀俳優賞を受賞している。そのほか『ベルベット・ゴールドマイン』、『チェンジング・レーン』、彼女がBAFTA賞にノミネートされた『アバウト・ア・ボーイ』、アンサンブルキャストで全米映画俳優組合賞にノミネートされた『めぐりあう時間たち』、『ジャパニーズ・ストーリー』(綱島郷太郎 共演。この作品でオーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞最優秀女優賞とオーストラリア映画批評家協会賞最優秀女優賞を受賞した)、『イン・ハー・シューズ』、彼女がエミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされた『TSUNAMI 津波』、『トリプルX:再起動』、『500ページの夢の束』、『マダムのおかしな晩餐会』『ヘレディタリー/継承』などがある。
  • テキサス州ヒューストン出身。アンドレア・アーノルド監督作『アメリカン・ハニー』(2016)でカンヌ国際映画祭女優賞、インディペンデント・スピリット賞主演女優賞、エンパイア賞新人女優賞、ゴッサムインディペンデント映画賞新人賞にノミネートされた。ほかの出演作には、デジレー・アカヴァン監督『ミスエデュケーション』、ハンナ・マークス監督『Shotgun』、ニール・マーシャル監督によって人気コミックを再映画化する『ヘルボーイ』などがある。
  • Showtimeのドラマシリーズ『HUFF〜ドクターは中年症候群』で2度のエミー賞に輝き、『ふたりはともだち?ウィル&グレイス』で2度エミー賞にノミネート、アン・タイラー著書の映画化『Back When We Here Grownups』でゴールデングローブ賞にノミネートされた。ブロードウェイデビュー作『バタフライはフリー』でトニー賞 を受賞し、ハロルド・ピンターの戯曲『背信』やテネシー・ウィリアムズ作『欲望という名の電車』、スティーヴン・ソンドハイム作ミュージカル『フォリーズ』でトニー賞にノミネートされた。映画ではウディ・アレン監督作『アリス』、『パパ』、『ミート・ザ・ペアレンツ』3部作、娘で女優のグウィネス・パルトローと共演した『シルヴィア』、『一枚のめぐり逢い』、ゴッサム賞にノミネートされた『アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームス』などがある。 また、彼女は自身が重要だと感じる問題に行動を起こしている。憂慮する科学者同盟などの一員として40年以上、環境問題を提唱することに力を注いできた。プランド・ペアレントフッドの委員としても活躍している。夫ブルース・パルトローが口腔がんで亡くなって以降は、口腔がん基金に協力してこの病気の認知を高めるための活動に参加している。
フロリダ州キーウェストとペンサコーラで育った。ノース・カロライナ・スクール・オブ・ザ・アーツ大学を卒業し演出・監督の分野で学士を取得。初監督作品『The New Year』はサラソータ映画祭でプレミア上映され観客賞を受賞した。2015年にはサンダンス映画祭でプレミア上映された『アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームス』の共同脚本・監督・編集を手がけた。この映画でブライス・ダナーはゴッサム賞の最優秀女優賞にノミネートされた。2017年、『ザ・ヒーロー』で2度目となるサンダンス映画祭のUSドラマ・コンペティション部門に出品。この作品ではサム・エリオットがニューポート・ビーチ映画祭で最優秀演技賞を受賞した。
NYを拠点に活躍するシネマトグラファー。カリフォルニア大学バークレー校で社会学や映画批評を学ぶかたわら、映画製作を経験。映像でストーリーを語ることへの情熱が彼をニューヨーク大学院の映画過程へと導いた。そこで撮影の美術学修士号を取得。彼の初長編作はブラッドレイ・ラスト・グレイ監督作『The Exploding Girl』(ゾーイ・カザン主演)だった。それ以降、アダム・サルキー監督作『アイ・スマイル・バック』(2015年サンダンス映画祭)やミーラ・メーナン監督『マネー・スキャンダル 破滅への欲望』(2016年サンダンス映画祭)、ソフィー・グッドハート監督の『My Blind Brother』(2016年SXSW)、ブライアン・ショーフ監督『Aardvark』(2017年トライベッカ映画祭)など、幅広いジャンルの映画で活躍している。コマーシャル制作でも活躍しており、ミュウ・ミュウやヒューレット・パッカードなどをクライアントに抱える。
カリフォルニアで生まれ、イリノイ州ノースウェスタン育ち、ブルックリン在住。ブレット・ヘイリーと『アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームス』と『ザ・ヒーロー』も一緒に脚本を手がけている。
彼はブレット・ヘイリー監督の映画『The New Year』、『アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームス』、『ザ・ヒーロー』の全てに参加している。また、世界中の映画祭に出品されている若手監督との仕事も多く、アレックス・ロス・ペリー監督(『Listen Up Philip』、『Queen of Earth』)やマーサ・ステファンズ監督(『Land Ho!』)などの作品に参加している。
Hearts Beat Loud (Original Motion Picture Soundtrack)
Hearts Beat Loud by Keegan DeWitt & Kiersey Clemons
Blink (One Million Miles) by Keegan DeWitt & Kiersey Clemons
Everything Must Go by Keegan DeWitt, Nick Offerman, Kiersey Clemons
Red Hook by Keegan DeWitt
We‘re Not A Band by Keegan DeWitt
Shut Your Eyes by Keegan DeWitt & Nick Offerman
Hearts Beat Loud (Ballad) by Keegan DeWitt & Kiersey Clemons
Conundrums by Keegan DeWitt
Your Best American Girl by Mitski
The Past by Keegan DeWitt
Help Wanted by Keegan DeWitt
What If... by Keegan DeWitt
Everything Must Go (Frank Collage) by Keegan DeWitt
レコードショップの方々から熱いコメント到着!
物語自体素晴らしかったですが、店内の面出しスリーヴや、おススメLPのやりとりなど、本筋とは直接関係のない部分にもレコード屋的にはグッときました。あと、サムのモデルになっているのはジ・インターネットのシドなのでは?とも。
Masaaki Matsuura
個人経営レコード店店主の皆さま、そして音楽なしでは生きられないすべての方々に観ていただきたい映画です。アニマルコレクティヴのくだりはいつかお客さんに使おうと思います!
土田義周
閉店からはじまる物語は、街のレコード屋さんとしては寂しい。リアリティーが濃い。ラストは存続して終わってほしいと願うばかりでした。でも終わってみれば好きな事に純粋で真っ直ぐである事や、なんでも楽しんで本気でやる事って大事だなと。大袈裟に言えば、人生は本当に自分次第。日頃忘れがちなメッセージが詰まったミュージカルみたいな映画でした!
若泉敦志
音楽を通じて親子の関係性が深まっていく様子や、淡々としながらも少しずつ人生を前に進めていく様子に心温まりました。ふとした会話の中に出てくるバンドや、店内に飾られているレコードなど、音楽好きのツボを突くシーンもサラリと描かれており楽しめました。
和田拓海
理想しか描かない子供目線のジョン・カーニーとは違い、現実を見つめながらもちゃんと優しい作品でした!レコ屋に限らず好きなことを生業にしてしまった人ならフランクを他人とは思えないはずだし、そうでなくてもきっと楽しめるはず!
永友 慎
ひよこレコード/Upstairs Records&Bar
サムの純粋でまっすぐなまなざし、フランクの不器用な優しさが生んだ名曲 ""HEARTS BEAT LOUD""今から僕のプレイリスト ""EARLY SUMMER 2019"" に追加します!
平田立朗
レコード屋の本来の古き良き匂いが良く出ていて、初めてレコード屋に行って、ワクワクした懐かしさを感じました。親子の関係が、時に友達であり、バンドというものを通じ、協調しあえる事の良さが滲みでてます。サンプラーとギターだけでの音楽制作の手軽さの見せ方も現代らしくて◎いつでも音楽は、とても身近に存在するものだと感じれる良き映画だと思います。
泉 朋秀 (DJ IZM.)
娘サム役カーシー・クレモンズのボーカルがgood!父フランクの弾き語り’Shut Your Eyes’も泣けます。キーガン・デウィットのオリジナル曲がどれも詩/曲とも秀逸。劇場字幕で歌詞も確認してください!
平塚 渉
少し偏屈だけど音楽愛のある父親と将来にたいして真面目な娘という二人がひょんなきっかけで作った音楽がSpotifyを通じて広まっていく姿はとても今の音楽シーンのよき姿として感銘しました。楽曲を生む場所が町のレコード店という点にも夢を感じました。音楽好きとして夢を追っていきたい父親Frankの姿に心を熱くさせられました!!
粟倉亮一
映画を観て心から思った。音楽のある人生は素晴らしい!まさにNO MUSIC.NO LIFE的な映画。時代が変わり音楽の聴き方は変わっても、人には音楽が必要で、音楽が勇気を与えてくれる。その事をこの親子にあらためて教わったような気がする。同じレコード屋の店員として、すごく嬉しくなった。
阿部圭介
営業最終日のレコード屋。閉店直前の店内で、親子二人によるインストア・ライヴなんて、涙なしでは観れない!
角田太郎



映画、音楽関係の方々からハートフルなコメント到着!
新しい一歩を踏み出すためには、何かを捨てなければならない。僕は躊躇せずに捨てる。しかし、時代のスピードに負けないがために、前へ前へともがいた挙句、捨てるものすら無くなってしまったらどうだろう。その時には、きっと僕は後悔するだろう。音楽を取り巻く環境が変わった今だからこそ捨ててはならないもの、物語を通して教えてもらった。
MONJOE
パソコン一つで曲がリリース出来て、Spotifyのプレイリスト一つで無名アーティストが急浮上出来るという夢。一杯のコーヒーよりも安いレコードですら、簡単には売れないという現実。 音楽だけでなく、未来・人間関係・恋愛など全てにおいての夢と現実を大切に描いているこの作品に、綺麗事ではない暖かみを感じました。
シンガーソングライター
見終えた家路。 Spotifyでヘビロ。 子ども達が旅立つ時にはこんな親子関係でいたい。
石飛智紹
60歳・音楽関係
自分をよいところまで持ってゆけないことがたくさんあった。 それでも何とかあたらしいことをはじめられる機会を与えてもらうことができた。 もう若くはないがまたその繰り返しがあるのかも知れない。 そのとき「ハーツ・ビート・ラウド」を映画館で見ていたことがよいギアになるはずだ。 この映画がたくさんのひとにとって糧になりますように。
椿原敦一郎
大きな決断をする時、温かい手で背中をそっと押してくれる人がいるということを思い出させてくれたお守りのような映画。 酸いも甘いも全部ひっくるめて人生の中で色んなものが合わさって、それがあんな名曲となって紡がれるなんて、最高すぎて泣けます!!
渋谷実里
音楽には人の生を決定的に変えてしまう魔法がある。そんなことは誰もが知っているはずなのに、われわれがいま生きるのは、レコード一枚がラーメン一杯の値段と変わらぬ世界だ。しかし、そんな世界でも、そんな世界だからこそ、音楽とやせ我慢とほんの少しのユーモアを武器に肯定的に生きてやる。そんな強さとしなやかさをこの映画から感じました。
宮崎大祐
映画監督
フランクとサム親子が歌う、最初で最後であろうライブシーンに号泣。会話では言い表せない感謝の気持ちに涙。明るいステージに旅立つ2人の喜びに涙。エキストラにいたるまでやさしい笑顔で親子の旅立ちを見守る素敵な名場面。
落合有紀
ライター
親子でバンドなんて照れくさいけど、ふだんは言えないことを音楽が伝えてくれる。オルタナ/インディー・ロック好きには嬉しい音楽ネタを散りばめた本作は、家族愛だけじゃなく、ロックへの愛情もたっぷり。NYの小さなレコード・ショップから聴こえてくる歌は、人生の新たな一歩を踏み出そうとする人達の背中を優しく押してくれるだろう。
村尾泰郎
音楽/映画ライター
いつまでもコドモなパパと、聡明で才能あふれる娘のサム。シニカルな会話で過ごすふたりが離ればなれになる前に、音楽づくりでハートの会話ができてほんとによかった。二人がつくった曲のフレーズやメロディのひとつひとつに、あの瞬間、あの感情が確かに刻まれている。Spotifyで聴けばいつでも思い出せるよ。音楽でドラマをつむぐ、新たな傑作の誕生です。
田中誠一
"其々が其々に日常や事情を抱えながらの、微笑ましく羨ましい父娘関係。娘に「バンド名何にする?」と聞いて「バンドなんて組まない」と返され「OK」といって「バンドではない」という名前にしちゃう父ちゃん最高。素敵な二人のやりとりに憧れます。"
西島 新
閉店間際のレコード屋の主人と娘のバンドが、spotifyに曲をアップロードすると思わぬ反響が。今っぽいお話だけど、普遍的な父娘の関係。ふとしたきっかけで確かに動いていく二人の未来を、絶妙な距離感で描いた新しいカタチの音楽映画。
松岡宏起