話題

【証拠動画】大江順一キャディは悪くない?キレてたのは大西葵だった…!

笑顔の大江順一

6月23日に行われた女子ゴルフ「アース・モンダミンカップ」で大西葵プロ(27)と口論の末、“職場放棄”したと報じられたキャディーの大江順一氏(43)が実際はキレていなく悪くないのではと噂になっています。

実際のところはどうだったのでしょうか。

大江順一氏と大西葵プロの口論動画や涙の真相などを調べましたのでご紹介したいともいます。

【証拠動画】大江順一キャディは悪くない?

まずはこちらの動画をご覧ください。

これまで大西葵プロが泣き出してしまった部分ばかりが取り沙汰されていましたが詳細をみていくと意見の食い違いなだけのように感じます。

以下は文春の取材に対しての大江順一氏のコメントです。

17ホールの2打目でシャンク(ミスショット)して、球が右手のレッドペナルティエリアに行った。

そこで、どうリカバリーするのか三つ選択肢があり、ゴルフバッグを置いた位置から打ち直すこともできたので、ゴルフバッグとペットボトルを置いていた

後続組に我々の存在を知らせる安全確保の意味合いもあります。

そうした上でボールを探しに行ったのですが、それがバッグを放置したと思われてしまった。

良かれと思って同組のキャディーさんがバッグを持ってきてくれたんですが、まだゴルフバッグの位置から打ち直す可能性もあったので、僕は『置いておいてほしいんだよな』と言ったのです。

すると大西プロから『せっかく持ってきたのにそんな言い方しなくてもいいじゃん』と言われて。

あくまで大西プロのためにやっていたことなのに、頭ごなしにそう言われ、正直どうかと思いました。

そして実際に大声を出したり怒鳴ったりしたのかという問いに対しては

大きい声を出したのは、相手に聞こえるようにはっきり言わないと相手に伝わらないからです。

コースは広いですし。僕は感情任せで言った言葉は一つもない

大西には『ラウンドが終わったら説明するね』と伝えたにもかかわらず、『ありがとうって言ったら終わりじゃん』と言われた。

自分としてどうしたら良かったんですか?という思いがあります

このようにゴルフバックを(目印の為に)置いといた事がきっかけで口論になり、それが原因でティーショット前に大西葵プロが泣き出してしまったという事のようですね。

それでも気持ちを切り替えて盛り上げようとしたようですが大西葵プロが18番ホールのティーグラウンドで石井忍さんに

大西葵プロ

『忍さん、かつげますか?』

と尋ね、石井さんは『大丈夫だよ』と答えたそうです。

それを受け大江順一氏は担当キャディーではなくなったので立ち去ったようです。

キレてたのは大西葵だった…!

一連流れを受け大西葵プロは感情が高まってしまったのではないでしょうか。

17ホールの2打目でシャンク(ミスショット)という苛立ちも重なっていたことでしょう。

なにより心優しい大西プロの事ですから周りに迷惑をかけてしまったという自責の念が一番だったのかもしれません。

大西葵プロ自身の口から今回の騒動については語られていません

双方の話を聞いた上で和解される事を期待したいですね。

ネットの声

まとめ

今回は大江順一氏と大西葵プロの騒動についてご紹介しました。

大江順一氏の言い分だけでは判断は難しいと思われますので双方の主張を聞いた上でお互い納得いく結果になる事を願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。