話題

【動画】ミャクミャク様の名前の由来や意味は?怖いや気持ち悪いの声多数!

ミャクミャク

2022年7月18日に大阪・関西万博の公式キャラクターの愛称がミャクミャクと発表されました。

ネットでは早くも「怖い」や「気持ち悪い」の声が聞こえる一方でなかには「案外かわいい」などもちらほら。

そこで今回はミャクミャクという名前の由来や意味、さらにはネットの反応などをまとめましたのでお伝えしたいと思います。

大阪万博】ミャクミャク様の名前の由来や意味は?

東京と大阪で「2025年大阪・関西万博開幕1000日前イベント」が行われこのミャクミャクが紹介されました。

ネットでは既に『ミャクミャク様』や『ミャクミャクくん』などといった愛称で呼ばれているようですね。

ミャクミャクという名前には文化・歴史・知恵・伝統・国際的交流などを脈々と受け継いていくというメッセージが込められています。

また、今回万博のテーマが『命の輝き』であることからも『脈』と繋がりがあるという理由からミャクミャクに決定したようです。

ミャクミャクの生態は細胞と水がひとつになって生まれた不思議な生き物で正体は不明です。

特徴的なデザインの赤い部分と青い部分にはそれぞれ意味があり

  • 赤い部分→『細胞』で、分かれたり増えたりする
  • 青い部分→『清い水』で、流れるように形を変えられる

自在に形を変えることができ、なりたい自分を探した結果、人間をまねた今の形ができたようです。

このミャクミャクという名付け親は誰なのでしょうか?

それは一般公募から選ばれた2名の方でした。

ミャクミャクの名付け親は2人

ミャクミャクの名前は一般公募から決められましたがその応募数はなんと34000

その中から選ばれたのが川勝未悠さん(かわかつ みゆう)作田陽向(さくだ ひなた)です。

■愛称のコンセプト:川勝未悠さん

今まで「脈々」と受け継がれてきた私たち人間のDNA、知恵と技術、歴史や文化。変幻自在なキャラクターは更にあらゆる可能性をその身に宿して、私たち人間の素晴らしさをこれからも「脈々」と未来に受け継いでいってくれるはず。そんな希望を込めて「脈々=ミャクミャク」と名付けました。 

またミャク=脈であり、生命そのもの。ミャクミャクという2音が続く様は、 命が続いている音にも聞こえます。

■愛称のコンセプト:作田陽向さん

初めてキャラクターを見たとき、赤色と青色が動脈と静脈を連想させたため。また、万博のテーマである、人類文明のつながりや、国際的なつながりを、「脈」という言葉で表せられると思ったため。

2人とも今回の万博テーマである『命の輝き』を意識されており、脈という共通ワードも同じだったんですね。

親しみやすい呼び名もとても良いネーミングだと思います。

そんなミャクミャクですがネットの反応は様々で怖いなどの意見も多く見かけます。

怖いや気持ち悪いの声多数!

まとめ

今回は大阪・関西万博のミャクミャクくんをご紹介しました。

動いているところをみると案外かわいいと言った声もあるように、初めに見たときはインパクトある見た目から驚くかもしれませんが慣れてくると愛くるしいキャラですよね。

これからの活躍に期待したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。