話題

【家系図】福田達夫の経歴・学歴を徹底調査!嫁が美人で子供は1人?

真顔の福田達夫

自民党の総務会長である福田達夫さんですがイケメン議員で知られていますよね。

そんな福田達夫さんの祖父や父親は内閣総理大臣を歴任されているという事でも有名です。

そんな政界のサラブレッドである福田達夫さんの経歴・学歴、さらには嫁が美人という噂も含め徹底調査しましたのでご紹介します。

福田達夫の経歴・学歴を徹底調査!

まずは福田達夫さんのプロフィールがこちらです。

福田達夫
  • 名前:福田達夫(ふくだたつお)
  • 生年月日:1967年3月5日
  • 年齢55歳(2022年7月現在)
  • 出身地:東京都
  • 居住地:群馬県高崎市貝沢町
  • 身長:182cm
  • 血液型:A型
  • 趣味:読書、人の話を聞く事
  • 特技:水泳、フリーダイビング
  • 所属:自由民主党

まるで俳優さんかと思ってしまうくらいイケメンですよね!

もう一人のイケメン議員といえば小泉進次郎さんですが、2人のツーショットがありましたので載せておきます。

そんな福田達夫さんの経歴はどうだったのでしょうか。

時系列でご紹介したいと思います。

福田達夫の経歴

  • 大学卒業後:ジョンズホプキンズ大学高等国際関係学研究所の研究員
  • 1993年:日本に帰国、三菱商事に入社
  • 2004年:三菱商事を退社、福田康夫事務所に入所。私設秘書を務める
  • 2007年:内閣総理大臣秘書官に就任・父親が内閣総理大臣に就任
  • 2012年:第46回衆議院議員総選挙で初当選
  • 2013年:成和政策研究会に入会
  • 2014年:第47回衆議院議員総選挙で再選
  • 2017年:防衛大臣政務官 兼 内閣府大臣政務官に就任
  • 2017年:第48回衆議院議員総選挙で再選
  • 2021年:党風一新の会を設立・代表世話人に就任
  • 2021年:10月に自民党総務会長に抜擢 ※閣僚未経験、当選3回
  • 2021年:第49回衆議院議員総選挙で再選

党風一新の会とは
当選3回以下の若手議員が党改革を掲げて結成した派閥横断の議員連盟。現在のメンバーは約90人。当選回数にこだわらない人材登用など、党改革を進めるよう執行部に求めていました。

福田達夫さんは岸田内閣で総務会長に抜擢されていますが、当選はまだ3回目です。

そして年齢も55歳と政治家の中ではお若いのに凄い大抜擢ですよね!

それだけ優秀で期待されている事が伺えます。

福田達夫の学歴

福田達夫さんは小、中、高と一貫して慶應義塾に通っています。

そして最終学歴は慶應義塾大学の法学部法律学科を卒業されています。

慶應義塾大学、法学部の偏差値は67.5という事でさすが頭がいいですね!

頭がいいで知られているミッツ・マングローブさんや、学部違いでは、ふかわりょうさんなどが卒業されています。

福田達夫の嫁や子供の家族構成

福田達夫さんはご結婚されており子供は一人いらっしゃいます。

  • 結婚している
  • 嫁が凄く美人
  • 子供が息子が1人いる

福田達夫さんの嫁が福田静さんという方でとても美人な方です!

嫁が美人

福田達夫さんは出身は東京、住まいは群馬県であることから静岡県焼津市ではだいぶ離れいる事から出会いは大学時代などだったのかもしれませんね。

公式で発表している訳ではありませんが、お二人には息子が1人いるようです。

2017年のインタビューにて福田静さんが

小学生の息子と2人で、新聞紙で大きな兜を作ったりしますよ

2017年の内容なので現在は小学校高学年か、中学生くらいの年齢だと思われます。

福田達夫の家系図

政界のサラブレッドと呼ばれる福田達夫さんの父親は元総理である福田康夫さんです。

さらに祖父の福田赳夫さんも第67代の内閣総理大臣を務めています。

大物政治家一族の方なんですね。

他にも以下の通り様々なエリート達が家系にいらっしゃるようです!

【福田達夫さん 父方】

曾祖父/福田善治:元 金古町長

祖父/福田赳夫:内閣総理大臣、副総理、大蔵大臣、行政管理庁長官、外務大臣など歴任

祖母/福田三枝:裁判官・新井文夫の三女、元大審院判事・新井善教の孫娘

父/福田康夫:内閣官房長官・内閣総理大臣・内閣特命担当大臣など歴任

いとこ/越智隆雄:内閣副大臣、内閣府大臣政務官など歴任

【福田達夫さん 母方】

曾祖父/櫻内幸雄:商工大臣、農林大臣、大蔵大臣など歴任。

祖父/ 嶺駒夫:元昭和製袋工業の社長

まとめ

今回は自民党の総務会長である福田達夫さんの経歴や学歴などをご紹介しました。

噂通りのエリート一族でこれからの活躍がますます期待できそうですね。

そんな福田達夫さんをこれからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。